不動産鑑定士に関することを紹介します

不動産鑑定士は難関国家資格という位置付けとされていますが、それだけこの国家資格を取得した時のメリットは高いものとなっています。
不動産鑑定士の仕事は、理論的な根拠及び実践的なデータをベースにして、不動産に関連する緻密な調査とそしてその分析結果にはかなりの信頼性があります。
仕事によっては数百億円の価値がある不動産を評価するケースもあります。
この不動産鑑定士は、不動産系の資格の中では社会的ステータスがありかつ将来性があると言えます。
まだまだ不動産鑑定士は有資格数が少ないことから、この国家資格を有していることはかなりの価値があります。
不動産鑑定士は不動産系の国家資格の最高峰となっていますので、目指す価値は十分にあります。
また収入面でもメリットがあります。
不動産鑑定士は、鑑定評価業務がありますがこの業務はこの不動産鑑定士の独占業務となっています。
この鑑定の報酬は、とても高くなっています。
だいたい1件あたり約10万円から100万円程度が相場となっています。